推奨銘柄

お勧めの株式情報など

日東電工、トルコの工業用テープメーカーを1億ドルで買収

[大阪 18日 ロイター] 電子部品大手の日東電工(6988.T: 株価, ニュース, レポート)は18日、トルコの工業用テープメーカー、ベント社を1億米ドルで買収すると発表した。現地で生産体制を確立することで、コスト競争力を高める。買収は6月4日に完了する予定。欧州における工業用テープ事業の2016年度売上高を11年度比2.5倍にする計画。

また同日、大阪市内で開いた事業説明会で、佐久間陽一郎取締役上席執行役員は12年度の日東電工の工業用テープ事業の売上高について、11年度比で2桁の伸びになるとの見通しも明らかにした。営業利益率は「10%を狙いたい」(佐久間上席執行役員)と話した。自動車向けが好調に推移する見通しであるほか、スマートフォン(高機能携帯電話)、タブレットPC向けの需要増も見込む。

日東電工の11年度における工業用テープ事業の売上高は約2650億円、営業利益率は5.5%の見通し。

<買収で欧州・周辺国の事業を強化>

ベント社の11年度の売上高は110億円前後。一般工業用のマスキングテープなどを手掛けており、トルコ国内の工業用テープ市場では20─25%のシェアを持つほか、売上高の35%程度が欧州への輸出という。日東電工によると、ベント社の営業利益率は15%─20%で推移している。

日東電工の欧州における工業用テープ事業の売上高は、11年度で約150億円の見込み。ベント社の生産拠点を持つことで、欧州のほか中近東、北アフリカ市場での事業拡大にもつなげる。また、追加の設備投資も検討する。さらに今後、ブラジルなど他の新興国における合併・買収(M&A)も検討し、成長市場での生産体制を強化する方針。

<12年度のテープ事業は拡大基調>

佐久間上席執行役員は工業用テープ事業の動向について「欧州の状況がひとまず安定している。東アジアの在庫(水準)も下がってきた」と話し、12年度は堅調に成長するとの考えを示した。その上で「タブレットPCなどで新製品も投入する」と話し、高機能テープの拡販を通じて営業利益率の向上を目指す考えを明らかにした。同時に「投資も緩めずにやっていきたい」と述べ、中国など新興国での生産強化も継続して進める姿勢を示した。

(ロイターニュース 長田善行;編集 田中志保)

これは「買い」かな?

アークス <9948 > が期待できそう?

[銘柄診断]アークスは2Q配当取り最終日で好配当利回り買いが再燃

8月28日(日)16時52分配信 サーチナ

アークス <9948> は26日、16円高の1339円と3日ぶりに反発した。26日が、今2月期第2四半期(2Q)配当19円の配当取り最終日となっており、好配当利回り買いが再燃し、売り方の買い戻しも交錯した。

今年10月にユニバース <3078> と経営統合して東日本最大の食品スーパーに躍り出ることも意識されている。

同社は、北海道、北東北を営業基盤とする食品ス−パーで、地域の同業他社を経営統合、企業の連合体としてグループ運営する「八ヶ岳経営」をビジネスモデルとしており、業績も増収増益を続けるなど好調に推移している。

今年7月開示の今2月期第1四半期(1Q)業績は、純利益が、資産除去損失など5億6900万円を計上して前年同期比29%減と減益転換したが、売り上げ、経常利益は続伸をキープした。このため2Q累計・2月通期業績は期初予想に変更はなく、通期経常利益104億円(前期比3%増)、純利益50億円(同8%減)と予想し、年間配当も38円継続に問題はない。

同社を親会社、ユニバースを子会社とする経営統合は、効力発生日を10月21日に予定しており、この動向次第では、今期業績の上ぶれ期待も高まってくる。

配当利回りは2.8%、PERは11倍台、PBRは0.8倍台と割安であり、売り長で逆日歩のつく信用好取組もサポートし、経営統合発表でつけた年初来高値1408円へのキャッチアップも想定される。
(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media−IR)

証券会社は何処をお使いですか?

ブログネタ
資産運用 に参加中!
No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券
主要ネット証券とはSBI証券、楽天証券、松井証券、マネックス証券、カブドットコム証券です。
私はSBI証券を利用していますが、手数料が安く、取引きもしやすいし、持株のポートフォーリオの確認もしやすいですよ。

きょうのストップ高銘柄

きょうのストップ高銘柄=29日前場(株式新聞)
2342 トランスジェニック

誰か事前に教えてくれれば…
裏情報、あったらお願いします。m(__)m

バイテック

バイテックが堅調のよう。

24日に今08年3月期-10年3月期の3カ年中期経営計画(連結)を発表、材料視されている。最終年度となる10年3月期の売上高は2000億円(今期予想1280億円、前期実績1090億6700万円)、経常利益は38億円(同18億円、同15億800万円)を目指す。  事業戦略として(1)主力販売製品の「ソニーデバイス」の拡販(2)「グローバルデバイス」の販売強化(3)グループ総合力強化による売上・利益の最大化――に努める。また、資本の充実や内部統制の質的向上を図るほか、人材や情報基盤などの経営インフラの強化を実施する。

[ 株式新聞ニュース/KABDAS-EXPRESS ]

提供:(株)株式新聞社 (2007-05-25 10:17)

まだまだ、割安でしょうか。

ポラテクノ

ポラテクノ<4239.Q>
前場ストップ高
久しぶりに来ました。
一部外資がレポートをリリースとの観測も。
増益基調だし、まだまだ割安でしょう。続きを読む

バックリンクとは外貨両替調布市仙川の美容室バックリンク無料

記事検索
スポンサードリンク
コメント